新ブログバナー

--.--.--スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.12.06気になるゲーミングマウスを触ってきた

エレコムが発売したDUXシリーズを触ってきました。
ELECOM DUXシリーズ
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/mouse/index2.asp

このシリーズに関しては、まいけるさんがいち早く記事にされているので、そちらを先にご覧になったほうがいいです。

まいけるさんの記事
【日記】ELECOMのゲーミングマウスM-DUXシリーズ販売開始

実物を展示していたのは、秋葉原のツクモeXパソコン館地下1F。
スタッフさんに聞いたら、値段を隠せば撮影OKとのことでした。
(DUX30BKは撮影忘れです)

DUX70BKとDUX50BKの大きさ比較

まずは大きさ。
左が14ボタンのDUX50BK、右が19ボタンのDUX70BK。
見て分かるとおり、右のほうが一回り大きいです。
私の手だと左がちょうど良くて、右が少しサイズオーバー。
近くにあったLogicool G600rと比べると、DUX70BK>G600r>DUX50BK=DUX30BKといった感じでした。


DUX70BKの押しにくいボタン


続いてボタンの押しやすさ。
DUX70BKはたくさんボタンがついているものの、やはりその大きさがネックです。
予想したとおり、通常の握りからは押しにくい部分がありました。
上の画像の赤丸がそうなんですが、右上のG2ボタン、左上のG8、G12(G8の下)ボタンはまず届きません。
サイドスクロールボタンも、少し手を横にずらさないと回せない微妙な位置。
通常の左クリック、右クリックも先のほうで押さないと、カチッと押せません。
他のサイドボタンは、慣れれば押し間違いも減ると思います。


DUX50BKの押しにくいボタン

DUX50BKのほうは私の手の大きさにぴったりなので、しっくりきました。
ただ、こちらも左上のG3とG7(G3の下)ボタンには、親指が届きません。
DUX30BKはサイドのボタンが大きいので、押しやすくなってました。


展示品からでは分からないのは、重さとラバー部分。
マウスの中身が入っていないからなのか、どのマウスも同じ重さ(比較的軽いイメージ)でした。
また、私が個人的に気にしているラバーのべたつきは、プラスチック製になっていたので確認できず。
実際の製品もプラスチックであるなら、問題は解決するんですが・・・。


ラバーに関するべたつきの過去記事
マウスを2個買いました。

理想をいうならば、「チルトホイールのついたDUX30BK」がベストです。
これならその場で買っていたんですがね・・・。


とりあえず、来年の1月頃にDUX50BKを買ってみて、使用感をご報告したいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://hasenritte.blog85.fc2.com/tb.php/1063-cf450924
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。