新ブログバナー

--.--.--スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.23【モンドラ】回復補助(ヒラサポ)デッキについて

欲しいものが揃ったので、回復補助(以後ヒラサポ)について自分なりの考えをまとめてみました。
※モンドラ 補助デッキ で検索してくださった方へ
私は12年3月位からモンドラをやっていないので、現在(13年7月)では仕様も分からず、
全く使えないデッキだと思われます。
参考にはなさらないでくださいね。




ひとくちにヒラサポといっても構成は人それぞれですから、とりあえず自分のデッキ構成と
偏った考えを何かの参考にして頂ければ幸いです。(参考になるかどうかも定かでは・・・

●マップ選択
まずは戦場に関してですが、現在参戦できるのは7箇所。
その中で私はクロスファイア(火属性)ディープスワンプ(土属性)ウォーターブリッジ(水属性)
3箇所に絞っています。(クリックでマップ参照))

ご存じの通り、ノーマルの回復カード4種類のうち3種類は土属性であり、マップによってはスキルが
全く発動しない場合もあります
折角スケジュール表もあって戦場も選べるのですから、これを使わない手はありません。
天使の傷跡はバランスマップとされていますが、スタート地点によっては土属性が少ない場所(北西と南東)があります。
運悪くその場所に当たると、あまり仕事が出来ずに終わってしまう事があるので、余程の事がない限り
参戦しないようにしています。

●フォートレス
支援ですからアマデウス一択ですね。
その広い補助範囲のおかげで、何度も仲間を助ける事が出来ました。
攻撃範囲は-1ですが、攻撃する機会があまりないので気になりません。
また移動範囲=補助範囲なので、行動前に行き先を決めておけるのはちょっとした小ネタでしょうか。

●デッキ構成
基本的に下記①②③④のカードを必須として入れて、残りはマップに合わせたものを選んでいます。

Tzee Xicu the Manifest スキル:アストラルフロウ(以後フロウ)
必要APを-1にする高性能補助カード。
レアであることも相まってオークションでも高値で取引される程の人気となっています。
当デッキも例に漏れず、このカードがあるなしで貢献度が大きく変わってきます。
カードの回転率は回復量に直結しており、「あとAP1があれば助けられたのに・・・」というのも防げます。
このカードをいかに序盤(スタート直後が理想)の手札に引き当てるかが鍵ですね。

Mysticmaker Profblix スキル:モルダバイトピアス(以後ピアス)
自身のカードにスキルがある場合、戦闘力を+500してくれるカード。
主に味方が状態異常になった時、応急処置として使っています。
スキルがないと発動しないという条件があるものの、現状ではスキルを持った防御カードをセットする
方々は多いです。
又、攻撃時もプラスになったり、無属性で地形を選ばず掛けられりとなかなか使い勝手が良いので、
重宝しています。

③回復カード(Za'Dha AdamantkingブルーマーマジックポットマッドオニオンWild Dhalmel
常に手札にある状態が望ましいので、デッキの半分を占有しています。
これによる手札事故もよく起きますが、前線より少し後方で待機(AP温存)していればすぐに出番が
やってきます。
頭に入れているのは「Wild Dhalmel」を優先的に使用する事。
山札依存なので、時間が経てば経つほど回復量が減っていく為、真っ先に使っています。

④防御カード(シェルタードラゴン
味方後方に鎮座(チキンですね・・・)し、あまり攻撃されない事を想定してシェルタードラゴン(lv10)の
2枚だけにしています。
その分回復や補助スキルのカードを入れて、仲間の支援の為に。
状態異常にする防御カード(アドラメレク等)にすれば攻撃される頻度も下がるかも。

その他、地形に合わせてHawkeyed Dnatbat(スキル:バーサク)とエイビスエンペラ(スキル:プロテス)を
入れて状態異常に備えます。

又、瀕死になったクリ床やクリ持ちの敵が狙える状況にも対応する為、空きに攻撃カードを入れて25枚と
しています。
現在のデッキ:クロスファイア&ディープスワンプ用ウォーターブリッジ用
※1月20日の新カード追加でムーとオズモヘアを入れて微調整中

●立ち回り
立ち回りといってもダメージを負った、または状態異常になった味方を注意点(後述)に気を付けながら
回復・補助していくだけです。
HPが減っている味方が複数いた場合は、よりクリが多い方を優先して回復。
常に周りの味方の状態を把握しておき、すぐに行動できるのがベストですね。
なるべく敵から攻撃をされず、かつ支援がその場で行えるように、前線の少し後方に位置取りします。
瀕死の仲間が後退をした時は敵の追撃が予想されるので、相手が移動してくるであろうマスを予測して
先に陣取ることで、進路妨害も兼ねた援護ができます。
全フォートレスの移動距離は覚えておきたいところですね。
また状態異常のアイコンが追加されて分かりやすくなったのは嬉しい変更です。
下矢印の味方がいたら、デッキを確認しつつ補助をかけます。
出来るだけ前線近くに長く居座りたいので、基本的にクリは持ちません。

●注意点
回復・補助をするにあたって注意している点は以下の3つ。

・味方の手札にBumblebee(蜂)ジャバウォックアルテマがある
・味方の手札に補助カードがある
・特定のデッキに状態異常がある

一つ目のジャバウォックアルテマは、体力が減った時に真価を発揮するカードです。
誤って回復をすると、攻撃をしようとした味方の邪魔(スキル不発)となり、折角のチャンスを潰す事に
なります(当方は何度も失敗して反省しました)。
また、ジャバウォックとの組み合わせにを入れるのが現在の主流なので、この3枚を見かけたら、
むやみに回復をしないようにします。
ただしクリを所持していない時に限ります。

二つ目は不用スキルでの上書きを未然に防止する為。
もしバーサクが欲しい味方が自分にかけ、その後に必要としないプロテスを上書きしてしまったら…。
いくらプラスの状態効果だとしても、味方の迷惑となり、かえって逆効果です。

3つ目に該当するのはトンベリデッキ+マヨイタケ等です。
マヨイタケは攻撃を行う毎に山札を1枚捨てる嫌らしい状態異常ですが、トンベリデッキはトンベリを
捨てるのが仕事なので、その手助けとなりえます。
ただキーカードのウラミトンベリやクィーンも捨てる可能性も含んでいるので一概に良いとは言えませんし、
考え方も人それぞれです。

この3点については共通して「対象に確認を取る」事で解決します。
その場または事前に「○○さん回復しますか?」「○○さん補助かけますか?」
「○○さんマヨイタケ上書きしますか?」と一言声をかける事で、余計なお節介をしなくて済みます。
やはり意思の疎通は大事ですね。


駄文を並べてみましたが、こんな感じでしょうか。
もちろんこれは一個人の考えであり、間違いもあるかもしれませんのでご了承くださいませ。
新たな回復or補助カードが出ることを楽しみにしてモンドラに勤しみたいです。
Secret

TrackBackURL
→http://hasenritte.blog85.fc2.com/tb.php/745-42a62e3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。